アラサー婚活女子を観察して思うこと


今回はアラサー婚活女子の生々しい実態を目にしてきた俺が、彼女たちに対して思うことを書く。

結論から言えば、やはりアラサー婚活女子どもは致命的な欠陥を抱えていることが多い。日々意欲的に婚活市場に繰り出しては男の戦闘力チェックに明け暮れているスカウター女子の擦れかたは尋常ではない。

アラサー婚活女子がこの記事を読んでも気分を害するだけだろう。これは彼女たちがこのままではマズいと感じた俺からのただのお節介な忠告だからだ。俺は嫌われたり、誹謗中傷を受けることなどどうでもよくて、ネット上で本音を言えない方が嫌だから遠慮なしに書く。

これは嫌われる勇気・・・

ではなく、毒を吐く勇気だ!w

アラサー婚活女子を観察して思うこと

◆ 街コン&パーティー ◆

街コンやパーティーに頻繁に参加してくる女は圧倒的にクズが多い。俺もこれまで街コンやパーティー、ハイスぺ縛りパーティーなどの場に出向き、たくさんの男女と出会い、彼らを観察してみたが驚くべきことが判明した。

男側はそこまで悪くないが(もちろん超絶ヤバい奴もいるが、5割はまともだ)問題は女性だ。彼女たちには擦れすぎている(慣れすぎている)という致命的な欠陥がある。

女はひとたび出会いの場に参入すれば多少のブスでも簡単に男を選ぶ側に立てる。なぜなら男たちは自らアプローチせねば何も始まらないことを重々承知しているからだ。これが彼女たちの擦れ方に磨きをかけている。

たまに街コンや立食パーティーで地蔵してグラス片手に隅っこでクールに決めている男がいるがあれはただのゴミだ。主体性なくして出会いなど起こり得ない。それほど男側が圧倒的に不利なスタートアップを強いられるのが恋愛市場。

家と会社の往復のみで出会いがないと嘆く女は、婚活市場に足を運んでみるといい。評価4以上(10段階中)あれば選ばれないということはない。好みの問題はあるが、相手を選びすぎなければ恋人を作ることは造作もない。それで出来ないなら理想が高すぎるか、受け身すぎる(良いと思う対象に全くアプローチしていない)かの二択。

Aランク女子なんて最悪だ。婚活市場でのAランクの出現率は極めて低いため、ひょっこり出現しようものならまるでピカチュウのようにもてはやされる。

こいつらはどこの出会いの場に行っても無双するもんだからかなり調子に乗っている。いつ盗んだバイクで走り出してもおかしくない。俺は彼女たちを豊(ゆたか)女子と命名したい。まぁアラサー豊女子の場合は十五ではなく三十の夜なんだけど(やめなさい)。

豊女子を口説く場合は変則的なアプローチをすればいいが、俺も後から気付いたが超絶性格が悪いためその気も失せる。「私の出会ったキモ男」を語る姿などまさに圧巻。豊女子の特徴は自らの性格が歪んでいる自覚がない。

豊女子に限らず、婚活女子は日々積極的に婚活に勤しんでいる。それ自体は素晴らしいことだが慣れすぎた姿は男側からみればドン引きだ。例えばデートの会計時。

◆ デートの会計 ◆

奢られるのが当たり前という価値観を持つバカ女は意外と多い。豊女子など尚更。

会計時

俺「お手洗い大丈夫?」

女「あ、行ってくるね」

その際に会計を済ます

退店

「ご馳走様(^^)」

なんでやねーーん!!

出ましたアラサー乞食女子お得意の「ご馳走様(^^)」

き、君たちの頭は一体どうなっているんだ!?

こういう大技を平然とくらわせられる神経を持つ女はこの一言だけで今まで散々甘やかされてきた過去を想像するに難くない。以前も述べたが(奢るおごらない論争をお金の本質から考察してみる)乞食女を大量生産する非モテ男の罪は深い。こういう女は即切りに限る。

奢ってもらって当たり前という価値観が通じるのは、男が奢るのが当たり前と思ってる非モテや、合理的に物事を考えないバカだけだ。何度も言うが奢ってもらって当たり前と思っている時点で人として詰んでることに気付け。

✖ 奢られなかった = 女として認められない ではない。

〇 割り勘 = 対等な関係(※男が多いめに払うのは飲食量的に当然)

◎ 奢ってもらった = 相手への借り というのが正常な感覚。

この感覚が欠如したままだと、その利己的な性格が表情や態度、言動に現れる。最近は乞食かどうかすぐ見分けられるようになった。

男が奢って当たり前だと思ってるバカ女はこう言われたらどう思う?

「料理は女が作るのが当たり前、家事は女がするのが当たり前、女は男を立てて当たり前、女は愛嬌と品があって当たり前、女が子育てするのは当たり前」

これらに納得できるのなら男が奢って当たり前という価値観で問題ない。


◆ LINE編 ◆

乞食女と判明し、その後放置していた相手からのLINE

「お久しぶりです。良かったら今度飲み会でもしませんか?友達呼んでみんなで楽しく出来たらどうかな~って(^^)」

上手い!!!実に巧妙な切り口だ。

この女、俺のことなどどうでもよくて連絡が途切れた男に対していつもこのようなLINEを送っているのだろう。完全に俺のコミュニティを狙いに来ている。

そして俺がこの女のことなどどうでも良いと思っていることも織り込み済みで一見、互いにメリットがあるwin-winの提案をしているようにもとれる。

しかし騙されてはいけない!!

このエサに食いついて、いざ俺の大切な仲間たちを連れて行こうものなら入ってびっくり会場がZOO化していることは間違いない。

そこにいるのは血に飢えた猛獣どもで、もちろん飼育係は幹事子。そこから2時間無駄な時間を浪費する罰ゲームが幕を切って落とされる。

幹事子は誰でも好きな男を狙えるし、その場に自分より上ランクの女子を存在させないことでフィールドマスターとして君臨する。これが実に有名な幹事MAXの法則。是非物理の教科書への採用を文科省に提言する。

乞食女と判明した時点でこの展開は読めるのでこういう誘いは無視に限る。これは決して応じてはいけない最後の晩餐への招待状なのだ。

【 アラサー婚活女子への提言 】

ハイスペと結婚すれば金の面では不自由しないかもしれない。しかし君らが求める条件は、年収が高く、容姿も普通以上、コミュ障ではなく、浮気しない誠実な男だ。

まず年収1000万以上稼ぐ人口は全体の労働人口中3.9%。20代では0.1%、30代で1.9%。この合計2.0%に未婚率55.3%(20代76.5%、30代34.0%の平均55.3%)をかけると対象は1.1%となる。

このたった1%の中から顔が普通以上で、コミュ障じゃない、キモくない、誠実な人、などの条件を加えてさらなる選別を行うと、0.何%になるか予測に容易いだろう。

そして一番重要なのは例えそんな男が現れても相手に気に入られなければ対象とマッチングしないという事実。果たして君にそれだけの魅力があるのか?

該当する対象が0.0何%という時点で現実的ではない。そもそもその条件には矛盾が生じている。

容姿が普通以上、コミュ力が有る時点で行動力があればモテる。稼ぎが良ければ尚更だ。つまり、良い男(モテそう)と誠実であることを同時に求める時点で該当者は存在しない。

よって最後に現実的な提案をする。

①結婚を諦める

そろそろ結婚という常識に翻弄されるのはやめないか。もちろんしたい人はすればいいし、したくない人はしなければいい。子供が欲しいなら認知してくれる(養育費を支払ってくれる)金持ちを見つけて身ごもる裏技も有るし、そう考えれば既婚者も対象になるため対象者数は増える。社会の目?日本の婚外子が少ない方が異常なのだ。各国の婚外子比率データ(金融日記引用)

結婚して婚姻関係を結ぶという行為は男にとってリスクが高すぎる。離婚になった場合の婚姻費用や不倫による法的リスクが生じるからだ。

俺もリスク面が理由で結婚したくないが、もし好きな相手から子供が欲しいと言われたら認知して養育費も支援するし当面相手の生活費を上乗せして援助すべきだと思う。

何より避けたいのが離婚裁判を長引かされて、その間の稼ぎをただ婚姻関係が継続しているという理由だけで、夫婦の共有財産として何年も吸い続けられてしまうこと。

結婚制度とは女性にとってコールオプション(男性のほうが年収が高い場合)だが男にとってはリスクしかなく、リターンがないため割に合わない。(※もちろん結婚を全否定しているわけではない。離婚しなければ何も問題はない。)

②相手に求める条件を下げる。

そうは言っても社会の目もあるのでとにかく結婚したいというのなら、まず大前提に相手に誠実さを求めるのは諦めて男の稼ぎもあてにするな。そのせいで対象数が大幅に減る。

あなたを愛してくれて結婚までしてくれるなんて最高の相手だろう。今の時代、副業なんて誰でも出来るし金を稼ぐハードルは下がっている。男の稼ぎをあてにするより自分で稼いだ方が早い。そもそも相手に依存して楽したいがために結婚相手を探すというナメた発想はやめろ。

③浮気しない誠実な人と結婚したい

オ、オタクを口説け!

あなたが良いと思う男は、他の女性から見ても間違いなく魅力的な男だ。つまり浮気するリスクは確実にある。そういうリスクを出来る限り排除したいのであれば、絶対この人モテないと思う人を選ぶに限る。しかしそもそも魅力のない相手と結婚したいとは思わないだろう。

俺は結婚する女友達に会えば一度や二度の浮気は目を瞑るようにアドバイスしている。そういう気構えでなければ浮気された時に簡単に離婚へ舵を切るからだ。

もちろんその場で受ける罵詈雑言はえげつないが、彼女らに嫌われてもどうでもいい俺にしか言えない助言だと思っている。

【 まとめ 】

結婚したいのにできない人は、良い相手と巡り合えないからではなく上記データのように理想に叶う相手が存在しないからだ。戦略自体が間違っている。そのまま難易度MAXでプレイしても婚活なんてクソゲだ。取るべき婚活戦略を見直すべきだと進言する。

あと結婚しなければ負け組だと焦るアラサー婚活女子。俺は結婚に縛られる必要は全くないと思っている。 誰に何と思われようが勝手に思わせておけばいい、好きに生きればいいじゃないか。

親を悲しませる?あなたは親の期待に応えるために生きているのか?人生は一度きりであなたの人生はあなただけのもの。大切なのは他人の期待に応えることより、あなた自身がどうしたいかということ。

子供を産んで育てたいけど、事実婚では子供に寂しい思いをさせてしまうのではないかといった心配も不要。子供の幸せを決めるのは親なのか?違う、本人が自分で決めること。

その理屈でいけばシングルマザーに育てられた子供たちは全員不幸になるはずだが実際そんなことはない。俺も経験者だが何とも思っていない。

俺の女友達でも若くして離婚し、シングルマザーになった人が数人いるが、子育てに関しては大変だけど楽しんでいる。子供達も元気に育っている。ただ金に困っているだけだw

まぁあまり結婚という価値観に縛られずに生きればいいんじゃないかな。

終演!