アラサー婚活女子を観察して思うこと

さて今回はアラサー婚活女子の生々しい実態を目の当たりにしてきた俺が、彼女たちに対して思うことを書き綴ろうと思う。

結論から言えば、やはりアラサー婚活女子どもは致命的な欠陥を抱えていることが多い。日々意欲的に婚活市場に繰り出しては、男の戦闘力チェックに明け暮れているスカウター女子どものすれかたは尋常ではない。

残念だがこのままでは彼女たちが再び開花することはないだろう。根が腐ってしまっては花は咲かないからだ。この厳しい現実を目の当たりにし、またしても居ても立っても居られなくなった俺は、いつものお節介モード全開で、元気にカタカタとキーボードを叩き始めた。(ほっとけよ・・・笑)

アラサー婚活女子諸君。この記事は君たちが見て気分の良いものではない。これは君たちがこのままではマズいと感じた俺からのお節介なすぎる忠告だからだ。俺は嫌われたり、誹謗中傷を受けることなどどうでもよくて、ネット上でさえ本音を言えない方が嫌だから遠慮なしに書く。

これは嫌われる勇気・・・

 

ではなく、毒舌を吐く勇気だ!w

 

【 アラサー婚活女子を観察して思うこと 】

 

◆ 街コン&パーティー ◆

街コンやパーティーに頻繁に参加してくる女は圧倒的にクズが多い。大阪だけか?

俺もこれまでに街コンやパーティー、ハイスぺ縛りパーティーなど、出会いを提供する数々の場に足を運んできた。そこでたくさんの男女と出会い、彼らの生態を観察してみると驚くべきことが判明した。

男側はそこまで悪くないが、(もちろん超絶ヤバい奴もいるが、5割はまともだ。)問題は女どもだ。彼女たちには致命的な欠陥がある。

女はひとたび出会いの場に参入すれば多少のブスであろうと、簡単に男を選ぶ側に立てる。なぜなら男たちは自らアプローチせねば、何も始まらないことを重々承知しているからだ。

たまにパーティですら地蔵して、グラス片手に隅っこで決め込んでいる男がいるが、あれはただのゴミだ。主体性なくして出会いなど起こり得ない。それほど男側が圧倒的に不利なスタートアップを強いられるのが恋愛、婚活市場。

家と会社の往復のみで出会いがないと言う女は、婚活市場に足を運んでみればいい。評価4以上(10段階中)あれば、選ばれないということはない。好みの問題はあるが、相手を選ばなければ恋人を作ることなど造作もない。それで出来ないなら理想とする基準値が高すぎるか、受け身すぎる(自ら良いと思う対象に全くアプローチしていない)かの二択。

Aランク女子なんて最悪だ。婚活市場におけるAランクの出現率は極めて低いため、ひょっこり出現しようものならまるでピカチュウのようにもてはやされる。すぐさま男どもに囲い込まれることによって、Aランク女子は女王さながらの様相を呈する。

こいつらはいつどこの出会いの場に行っても簡単に無双するもんだから、かなり調子に乗っている。いつ、盗んだバイクで走り出してもおかしくない勢いだ。俺は彼女たちを豊(ゆたか)女子と命名したい。まぁアラサー豊女子の場合は十五ではなく三十の夜なんだけどww

もちろん豊女子を口説く場合、恋愛工学的には変則的なアプローチをすればいいのだが、俺も後から気付いたが、超絶性格が悪いためその気も失せる。

「私の出会ったキモ男」を誇らしげに語る姿などまさに圧巻。豊女子の特徴は自らの性格が歪んでいる自覚がない。婚活市場を謳歌する豊女子と、ややブスでも調子に乗りつつある豊女子予備軍を目の当たりにすれば、我々がすべきはナンパの一択しかないという結論に至るのは明瞭だ。

豊女子に限らず、アラサー婚活女子は日々積極的に婚活に勤しんでいる。それ自体に何も問題はないのだが、慣れてくるとその露骨さが裏目に出るケースは多い。

女「何のお仕事されてるんですか?」

俺「仕事?するわけないですよそんなの。ニートニート!」

「えぇー。ww」

「大丈夫大丈夫!妹の財布から金抜き取ってるのでw」

「はははwww

で、

 

何の仕事してるんですか?(^^)」

 

「え、営業です。どこにでもいる普通のリーマン。」

 

「営業って言っても色々あるじゃないですか。何の営業されてるんですか?(^^)」

「壺とか皿とか売ってんの。買ったら金運UP間違いなしなんだけど

あ、買います?w」

 

「はははw買わないです。


で、本当は何の営業なんですか??」

 

しつけえよおおおお!!!!!www

ガチ婚活の方々は冗談があまりお好きではないようだ(笑)

気付けよ。それ以上言いたくないの。まさに尋問を受けている感覚。

よく、男性が女性を質問攻めにして女性がウンザリするケースがあると聞くが気持ちがよく分かる。相手と和もうとしているこちらからすれば正直キツい。

おそらく一刻も早く相手のスペックを把握し、数々のクソテストをクリアできる男を探したいのだろうが、これでは焦燥感が伝わりすぎて男性をドン引きさせてしまう。男女ともに相手を質問攻めにしてはいけないし、言いたがらないことをしつこく聞くのはタブーだ。

また、彼女らに言わせれば「金持ちアピールしてくる男はキモいから嫌」という見事なワガママっぷりwww金に釣られたと思われたくないからだろうが、俺はもう何が何だかよくわからんよ。

それと真面目な忠告だが、長男と聞いて顔が引きつるのも、次男と聞いて目を輝かせるのもやめろ!君らが思っているほど男もバカじゃない。見るところはしっかり見ている。
俺が上手いと思った聞き方は、

「なんかお兄ちゃんっぽいよね。妹いそう!」

完璧だ。弟ではないところが実に巧妙。兄弟構成を知りたいのか、ただの感想なのか全く分からなかった。つい自然に答えてしまったが、相手の素性を探りたければこのように自然に聞き出す工夫もありだということ。

◆ デートの会計 ◆

本ブログの読者様ならよくご存知かと思うが、奢られるのが当たり前という痛々しい価値観を持つバカ女は意外と多い。豊女子など尚更だ。

店員「お会計〇〇円になります」

俺「カードでお願いします」

女「・・・・・・」

店員「ありがとうございました」

女「・・・・・・・」

退店

「ご馳走様(^^)」

なんでやねーーーーん!!!!wwww

出ましたアラサー乞食女のお得意のファイナルフラッシュご馳走様(^^)

君たちの頭は一体どうなっているんだ!?

これ超効きます。マジで第一類医薬品レベルです。片頭痛に見舞われすぐさま家路を急ぎます。

こういう大技を平然とくらわせられる神経を持つ女はこの一言だけで、非モテ男に散々甘やかされてきた過去を想像するに難くない。以前も述べたが乞食女を大量生産する非モテ男の罪は深い。

奢ってもらって当たり前という価値観が通じるのは、男が奢るのが当たり前という高尚な価値観を持つ非モテや、合理的に物事を考えないバカだけだ。何度も言うが、奢ってもらって当たり前と思っている時点で人として致命的なことに気付け。

✖ 奢られなかった = 女として認められない ではない。

〇 割り勘した = 対等な関係 (※男が多いめに払うのは飲食量的にも当然)

◎ 奢ってもらった = 相手に借りを作ってしまったというのが正常な感覚だ。

この感覚が欠如したままだと、その利己的な性格がだんだんと表情や態度に現れる。おかげで最近は乞食かどうか相手の言動、態度で見分けられるようになってきた。

男が奢って当たり前と堂々主張するバカ女にはこういうラリーを返したい。

「料理は女が作るのが当たり前、家事は女がするのが当たり前、女は男を立てて当たり前、女は愛嬌と品があって当たり前、女が子育てするのは当たり前!!!」

「女性差別!!最低!!古いわ!!きもーい!!」

はい、その言葉そっくりそのまま、金属バットで打ち返しまーーす。


◆ LINE編 ◆

乞食女だと判明したのでその場で解散し、その後、放置していた相手からのLINE

「お久しぶりです。良かったら今度飲み会でもしませんか?友達呼んでみんなで楽しくワイワイ出来たらどうかな~って(^^)」

上手い!!!実に巧妙な切り口だ。

この女、俺のことなどどうでもよく、何事もなく連絡が途切れた男に対して、いつもこのようなLINEを送っているのだろう。完全に俺のコミュニティを狙いに来ている(笑)

そして、俺がこの女のことなどどうでも良いと思っていることも織り込み済みで、一見すれば互いにメリットがあるwin-winの提案をしているようにも見てとれる。

しかし、騙されてはいけない!!

このエサに食いついて、いざ俺の大切な仲間たちを連れて乗り込んでみようものなら入ってびっくり、会場がZOO化していることは間違いない。

そこにいるのは血に飢えた猛獣どもで、もちろん飼育係は幹事子だ。餌は俺たちの方で、そこからは2時間無駄な時間を浪費する罰ゲームが幕を切って落とされる。

幹事子は誰でも好きな男を狙いに行けるし、その場に自分より上の女性を存在させないことでフィールドマスターとして君臨する。これが実に有名な幹事MAXの法則。是非物理の教科書への採用を文科省に提言する。

乞食女と判明した時点でこの展開は読める。もちろんこれはこれまでの数々の経験に基づく悲しい法則だ。こういう誘いは無視に限る。決して応じてはいけない最後の晩餐への招待状なのだ。

【 アラサー婚活女子への提言 】

ハイスペと結婚すれば金の面では不自由しないかもしれない。しかし君らが求める条件は、年収が高く、容姿も普通以上、コミュ障ではなく、浮気しない誠実な男だ。

まず年収1000万以上稼ぐ人口は全体の労働人口中3.9%。20代では0.2%、30代で1.5%だ。この合計1.7%に未婚率(20代83.7%、30代40.5%の平均62.1%)をかけると、対象は1%となる。

このたった1%の中から顔が普通以上で、コミュ障じゃない、キモくない、誠実な人、などの条件を加えてさらなる選別を行うと、0.何%になるか予測に容易いだろう。

そして一番重要なのは、そこまで選別しても相手に気に入られなければ対象とマッチングしないという現実。果たして君にそれだけの魅力があるのか?

該当する対象が0.0何%という時点で現実的ではない。そもそもその条件には矛盾点が生じている。

容姿が普通以上、コミュ力が有る時点で行動力があればモテる。稼ぎが良ければ尚更だ。女性にモテる男が女に誠実である必要がない。つまり、誠実であることと良い男の条件を同時に求める時点で矛盾が生じている。

よって最後に現実的な提案をする。

①結婚を諦める。

そろそろ結婚という常識に翻弄されるのはやめないか。もちろんしたい人はすればいいし、したくない人はしなければいい。子供が欲しい、というのであれば子供を認知してくれる(養育費を支払ってくれる)金持ちを見つけて身ごもるという裏技も有るし、そう考えれば既婚者も対象に出来るため対象者数はさらに増える。社会の目?日本の婚外子が少ない方が異常なのだ。各国の婚外子比率データ(金融日記引用)

藤沢さん(恋愛工学)もいうように、結婚して婚姻関係を結ぶという行為は男性にとってリスクが高すぎる。離婚になった場合の婚姻費用や不倫による法的リスクが生じるからだ。

俺もリスク面が理由で結婚したくないが、もし好きな相手から子供が欲しいと言われたら認知して養育費も支援するし、保育園に預けられるまで(子育てで働けない状態)相手の生活費を上乗せして援助すべきだと思う。

何より避けたいのが離婚裁判を長引かされて、その間の稼ぎをただ婚姻関係が継続しているという理由だけで、夫婦の共有財産として何年も吸い続けられてしまうことや、財産分与だ。

結婚制度とは女性にとってコールオプション(男性のほうが年収が高い場合)だが男にとってはリスクしかなく、リターンがないためどう考えても割に合わない。(※もちろん結婚を全否定しているわけではない。信頼関係があって離婚しなければ何も問題はない。)

②相手に求める条件を下げる。

そうは言っても社会の目が気になるし、とにかく結婚したいという諸君。それならまず大前提に相手に誠実さを求めるのは諦めて男の稼ぎもあてにするな。そのせいで対象数が大幅に減る。

俺みたいな利己的理由で結婚を拒むクズがいる中、あなたを愛してくれて、しかも結婚まで受け入れてくれるなんて最高の相手だろうに。

今の時代、副業なんて誰でも出来るし金を稼ぐハードルは下がっている。男の稼ぎをあてにするより自分で稼いだ方が早い。

俺の身近に自分で起業してバリバリ稼いでいる(俺より余裕で稼いでいる)シングルマザー経営者もいるが事業主側に回れば、性別など全く関係ない実績だけが物を言う世界だ。そもそも相手に依存して楽したいがために結婚相手を探すというナメた発想はやめろ。

③誠実な人と結婚したいの!!

うううぅ、オ、オタクを口説け!ww

あなたが良いと思う男は、他の女性から見ても間違いなく魅力的な男だ。つまり浮気するリスクは確実にある。そういうリスクを出来る限り排除したいのであれば、絶対この人モテないわ~。と思う人と結ばれるに限る。

俺は結婚する女友達に会えば一度や二度の浮気は目を瞑るようにアドバイスしている。そういう心構えでなければ浮気された時のショックで簡単に離婚へ舵を切るからだ。

もちろんその場で受けるブーイング、罵詈雑言はえげつないが、彼女らに嫌われても何の被害もない俺にしか言えない助言だと思っている。彼女らの旦那がスタンディングオベーションしている姿が目に浮かぶ。

【 まとめ 】

君たちが結婚(したいのに)できないのは、良い相手と巡り合えないからではなく上記データのように理想に叶う相手が存在しないからだ。戦略自体が間違っている。そのまま難易度MAXでプレイしても婚活なんてムリゲでクソゲだ。すぐに取るべき婚活戦略を見直すべきだと進言する。行動しない女子はまず行動しろ。

あと結婚しなければ負け組だと焦るアラサー婚活女子。俺は結婚に縛られる必要は全くないと思っている。 誰に何と思われようが勝手に思わせておけばいい、好きに生きればいいじゃないか。

親を悲しませる?あなたは親の期待に応えるために生きているのか?一方的な価値観を押し付けることで、人の人生を強制する行為こそ無責任で身勝手だと思う。

人生は一度きりであなたの人生はあなただけのもの。大切なのは他人の期待に応えることよりも、あなた自身がどうしたいのかということ。自分の幸せだけに目を向けてもいいんだって。

子供を産んで育てたいけど、その方法では子供に寂しい思いをさせてしまうのではないか。といった心配も一切無用。子供の幸せを決めるのは親なのか?違う、本人が自分で手に入れるものだ。

その理屈でいけばシングルマザーに育てられた子供たちは全員不幸になるはずだが、実際どうかと言えばそんな訳がない。俺も一時期シングルマザー状態だったが何とも思っていない。

俺の女友達でも若くして離婚し、シングルマザーになった人は数人いるが、子育てに関しては大変だけどもの凄く楽しんで臨んでいる。子供達も元気に育っている。ただ金に困っているだけなのだ・・・w

まぁ、言いたいことは、みんな常識に縛られずに楽しく生きていこうや!ってことです。

終演!