マネーリテラシーが低すぎる弊害

セックスまでの費用がいくらとか、女に奢らせたとかドヤってるバカを見るといつも呆れてしまう。

俺の主張は上記ツイートのとおり。目先の数千円を取るのに躍起になってるバカはその1000倍の金を毎年お上にぶん取られていることは気にならんのだろうか。その数千円の支出を必死に守るぐらいなら節税できる仕組みでも作るか、アポ代がゴミみたいな額になるくらい稼げという話。とにかくダメな奴は今の境遇の中でやろうと縮こまり、境遇自体を変える方向に思考がシフトしない。まるで冬場のきん〇まのように。

起業や副業と聞けば難しく感じるかもしれないが、誰にでも出来る。これはやるかやらないかだけの問題だ。例えば勤めているのが中小企業なら業務委託契約を交わせないか相談するのもいい。もし俺の社員がそれを言ってきたら喜んで契約を交わす。これは会社側にとっても非常にメリット(契約の解除の自由)があるからだ。

業務委託契約とは一人親方みたいなもの。その会社の社員として働くのではなく、今行っている業務を仕事として受注することにする。やることは同じで、天引きされる前の給料をそのまま売上として振り込んでもらう。交渉次第では社会保険料の事業主負担分も還元してもらえる可能性もある。(社会保険については以前書いた「社会保険なんてさっさと潰せばいい」)

これであなたも晴れて個人事業主。ほぼ全ての出費を経費計上できる。今まで天引きされた後の給料(可処分所得)しか使えなかったのが、今後は天引き前の売上金に手を付けられるというわけだ。

売上ー経費=所得(課税対象)

例えば年収700万の人なら売上700万の個人事業主。ここに日常の生活費を経費として計上する。家賃、スマホ代、ネット通信費、交通費、飲食代、車代、書籍代、PC代、etc。あらゆるものは事業と関連付けられるので経費として計上できる。さらに知人からも領収証を集めて計上する。仮に知人から100万円分の領収証(実際に払っていない)を集めたとしよう。これと実際支払った経費400万分の領収書を足して計500万で確定申告する。

売上700万ー経費500万=所得200万(課税対象)

これで所得部分の200万のみが課税対象に。因みにもし195万以下だと所得税は5%=10万弱だ。700万の場合は52万程なので雲泥の差だ。もちろん住民税は別なのでそれも含めると更に税額の差は開く。経費を計上すればするほど税負担が減るのだ。いかにアポ代数千円に拘るのがバカげているかがわかるだろう。

例えば5:5の合コンを開いて幹事をしたとしよう。4千円のコースなら4万円の領収証が手に入る。これを顧客と食事したことにして経費計上すれば、実際は4千円しか払っていないのに帳面上は4万円を支出したことになる。月に2回やれば8万、年間で96万、この額が税の業火に焼かれず手元に残るのだ。このように賢く節税して手元資金を増やし、増やした資金で資産運用する。まずは労働市場と無縁となる金融資本(1億以上)をさっさと作ろう。

やる商売など何でも良い。100均で買ってきた皿を綺麗な木箱に入れて高齢者に5000円で売りさばいてもいいのだ。(※絶対にダメです)

それでは最後に新コーナー、何の質問もきていないのに俺が勝手に架空の質問に答える1人Q&A♪

Q1.業務委託契約なんて結べばいつ切られるかわからなくなります

⇒ お前が使える人材なら切られん

Q2.大手企業だから出来ません

⇒ 転職しろ

Q3.副業やっても売上が上がりません

⇒ 圧倒的信用不足。フォロワー数1万とかまで増やす努力した?

Q.4.何で起業したらいいかわかりません

⇒ 好きなこと、得意なことをマネタイズしろ

Q.5 上手くいく自信がありません

⇒ 逆だ。小さな成功の積み重ねが自信になる

出来ない人は言い訳ばかり並べる。出来る人は現状を変えるにはどうすればいいかを考えて黙々と行動に移す。成功者と凡人を分かつのはこの違いだけだ。

出来る人が絶対にやらないこと

あと飽きるのが早い人が多すぎる。ちょっとやってみて上手く行かなければすぐ投げ出す。結果が出るまで時間がかかるのは当たり前だ。継続こそ信用の礎なのだから。俺も見てのとおりオンライン上でそれを証明しようとしている。

アポ代なんてゴミみたいな額と思えるぐらい稼ごう、マネーリテラシーを身に着けて可処分所得を増やそう。あんなクソ低レベルなことを言ってるようでは一生金に支配された人生を送るだろう。早く人的資本を扱う側になるのだ。