痛いナルシストになれ!

 

そういえば前にも似たようなことをツイートしたことがあったような気がして探してみたら発見しましたw

アウトプットの大切さについては以前書いたことがある。

アウトプットについて考察してみた。

当たり前だがアウトプット以外に自分を知ってもらったり、理解してもらう方法などない。理解者を得たり、自由な人間関係を築くために必要なのは自分の思考のアウトプットだ。

人の意見の転記や他人の評価を気にした当たり障りのない無難な意見など何の面白みもない。そしてそれは独自性に振り切れていればいるほど面白いと個人的には思っている。

他人の目を気にしていては本音を出すことはできない。それで自分がどう思われるか、批判の的になるのではないか、キモい/痛いと思われないかといった「自分の評価」ばかりに気が向くのは自分のことしか考えないキモいナルシストだ。一見相手のことを気にしているように見えるが、相手から見た「自分」ばかり気にしている。

俺たちが目指すべきマインドは圧倒的αメイルである。恋愛でもオンラインでも、他人の顔色を窺う弱々しい非モテマインドなどクソの役にも立たん(※利害関係が絡む場合は別)。そんなものは今すぐゴミ箱にぶち込んで勢いよく蹴り飛ばし、倒れたゴミ箱からこぼれたところを┐(´д`)┌ヤレヤレって顔しながらまた拾ってぶち込んで蹴り飛ばせばいい。

まだαに振り切れていないβマインドの君たちには生粋のαマインドを持つこの俺を「隊長」と呼ぶことを許可する。俺のアイコン画像(手)をトップ画に設定し、毎日5回、西北西を向いて拝むことを命ずる。(それイスラム教のやつ)

 

 

 

【引用】イスラム教の祈りの仕方を徹底解説!

 

例えば、前回の記事「都合のいい女こそ価値がある」や以前書いた記事「アラサー婚活女子を観察して思うこと」は、たまに書く女性向けの記事であるにも関わらず女性読者の気持ちなど一切無視して書いている。批判もあったと思うがこちらも全て無視。

あれを読んで気をよくする女などいないだろう。いれば相当合理的で賢い女性だ。理解を示せる女性も同様に。そして俺に女性のフォロワーなどいない。いれば相当心美しい女性だ(何この否定派との差別感w)。

俺は差別が大好きだ。従順な社員と非協力的な社員では給料も3倍近く差をつけている。自分の理解者や支持者には最大の敬意を払うし、協力することもやぶさかではないが否定派がどうなろうと知ったことではない。勝手に苦しんでろゴミがとか割と本気で思っている。

実際、婚活女子がゾンビのように彷徨している婚活市場が全てを物語っている。俺に噛みつく層は噛みつく行為が婚活が上手くいかない最大の理由であることに気付いていない、いや認めはしない。まぁこれは言論(思考)と行動が乖離する女性の習性がゆえ仕方のないことでもある。

女に批判されるような発言もたびたび繰り返しているが、俺は恋愛でもオンライン上でも絶対に女に媚びないと決めている。媚びた記事など書いたが最後、俺の独自性は失われるし、口調もノリも毒舌も、それがかしこまったものになれば何の面白みもない。痛いのが良いのだ。

中二病の何が悪い?俺の演奏日記なんてタイトルからテーマ、口調、ノリ、内容にいたるまでバカさ全開で更新している。いい歳して痛い口調で痛い記事を書くのが良いと思っている。(自覚あったんか…)

但し、俺の崇高な記事を読み「よっしゃ!俺もやってやんぜ☆」と立ち上がり、武者震いで震えた拳を天に向かい高々と掲げた親愛なる隊員たちには話しておかなければならないことがある。俺と会ったことがある方は皆知っているが

 

リアルの俺は何の変哲もない超常識人である。

 

当たり前だがこんな口調で人と接しないし(失礼極まりない)、外見、服装、話し方にいたるまで全てそこら辺にいるAVERAGE男子と変わらない。思想は文章通りだが、外見や話し方まで中二病ではないのでくれぐれも誤解のないように。

外見や態度まで中二病で接するなど松岡修造も真っ青の愚行である。痛々しいのは思想だけに留めておかなければならない。そのまま行くと全くモテんし、人付き合いも仕事も上手くいくことはない。

ブログ読者でお会いしたことがない人は文章だけで俺のイメージがなんとなく出来上がっていると思う。誰かと会うと『え?コイツ(この雑魚)があれ書いてんの?』と意外がられるのはその証拠だ。もちろん狙ってやっているわけではない。俺はただ思っていることをアウトプットしているだけだ。

そもそもキャラなど作るものではない。目的があれば別だが、自分の本音を思いのままアウトプットしていれば、それを見た相手によって勝手に作られるもの。

思考をアウトプットし続ければ独自性は必ず生まれる。全て同じ思考の人など存在しないからだ。どんな人なのか全くイメージされない人というのは思考や本音のアウトプットが足りなすぎる。本音が見えない、考えがわからない相手に誰が興味を持つ?

TwitterでもブログでもツイキャスでもYouTubeでもなんでもいい。まずは本音をアウトプットしよう。他人のことを気にするキモいナルシストではなく、他人を気にしない痛いナルシストになれ!

批判の的になればいい。人に迷惑をかける行為は言語道断だが、オンライン上の一方的なアウトプットなど誰にも迷惑はかからない。他人の気に障れば自然にフォローから外されるだけ、見なければいいだけの話だ。こちらもスクリーニングするのには願ったりかなったり。

それが自分の理解者を見つけることに繋がる。そして本音の自分をさらけ出した繋がりのほうがTwitterアカウントも、実際の人間関係も圧倒的に楽だ。

痛々しくて良い。共感されなくてもいい。ただ、自分の本音にだけは嘘をついてはいけない。それを出せる場所作りのためにも、本音アウトプットは続けなければならない。

終演!