他者視点の全体最適 ~人はこれだけ変わる~

IMG_s79u03

最近惚気ツイートばかりしてすみません。自分でも惚気すぎだと反省しています。そしてこの記事も、、惚気です。

先日伊勢に遊びに行ってきた。俺の誕生日が近かったので彼女に誕生日を祝ってもらい感動。サプライズをされるのが久々すぎて(初めてかも)感極まってしまった。

なんと、俺が予約した旅館にこっそり電話して、食後にケーキと酒を部屋に置いてもらうように手配してくれていた(ケーキに名前まで入れて)。部屋に戻って机に置かれたケーキを見てもそれが自分の誕生日ケーキだと理解するまで一瞬間があった。

翌日の夜は「行きたいお店がある」と言われて彼女が予約した店に行ったら、ここでもデザートがバースデー仕様になっていたのを見て、彼女が店を選びたかった理由がわかった。高そうなお店をご馳走になり、動揺してしまった。今まで散々女性に奢ってきたが女性に奢られたことは皆無。彼女の優しさや思いやりに惚れ直した。

婚活女性の皆さん、男に奢りましょう、尽くしましょう。これめっちゃ効きます。尽くされることに何も感じないバカ男なら切ればいいのです。義理や礼節を重んじる男なら尽くされるほどあなたのことをより考えるようになります。

ここ10年、相手に好意的に思われることはあっても自分が好きになることはなかった。恋愛とは寄せだ。相手から選ばれるためには相手の需要に自分を寄せなければならない。

それは体型改善や身だしなみといった容姿磨きに始まり、自分から誘う、レディ扱いする、食事を奢る、話をよく聞く、笑わせる、気遣いを怠らない、稼ぐ、連絡は相手の頻度に合わせる、相手がマメならこちらもマメになる、etc.

相手の需要を満たせば相手から選ばれる。だから見た目が良いと思った人と出会えば相手に合わせて振る舞ってきたし、それで俺を好意的に思ってくれた女性もいた。だが好きになった人は一人もいなかった。自分の価値観や合理思考を抑えていたからだろう。一緒にいて全く楽しくない。だからセックスしても付き合うことはなかった。

自分の価値観を出せば理解されないのはわかっていた。

会うのは月1でいい。もっと会いたいと言われるとウザい。同居なんてあり得ない。束縛、干渉は一切しないし、されたくない。定期的に連絡するのが面倒。一人が大好き。自分のやることに口を出されたくない。

こんな身勝手な考えがほとんどの女性に通用しないのはわかっている。男に話しても引かれるぐらいだ。ところが今の彼女は俺と全く同じ価値観だった。

会う頻度も、1人が好きなのも、別居がいいのも、束縛嫌いなのも。非常にドライな女性で女々しい男の多さにウンザリしていた。

他にも、頭がいい(理解が早い)、気遣いに長ける、合理的、自責思考、思いやりが深い(優しい)、家族思い、こちらの都合を考えてくれる、ギバー、平均男子より稼いでる、PCに強い、方向感覚が抜群、道を覚える、虫が触れる等、魅力をあげだしたらキリがない。(俺は方向音痴、道を覚えない、虫が苦手 etc.)

ただ、借りがある相手からの頼みなら借り以上に自分の負担になることまで引き受けてしまうのでそれがキツくならないか心配している。

でもそんな性格だったから俺は自分の考えを変えられた。

婚費リスクを知ってから誰が籍なんか入れるかボケと思っていたのに、彼女が事実婚でもいいという考えだったから、彼女の両親の理解を得るために籍を入れるべきと思えた。

同居なんて誰がするかと思っていたのに、子育てのことを考えるとベビーシッターより、俺が同居して協力したほうがいいのでは?家が広かったら個人の時間も確保できるんじゃね?と思えてきた。

会うのは月1で十分という考えも、今では月1じゃ少なすぎるし、2週間以上会えないと長く感じるという女々しい感情まで湧いてくる始末…。。

さらに、俺も彼女も結婚式なんてどうでもいいと思っていたが式をあげないと彼女の両親や親戚、友人から【式もあげない薄情な男と結婚する娘(妻)】と思われてしまう。

それに彼女のご両親の立場で考えてみろ。愛娘の花嫁姿が見られないなんて、お義父さまは悲しむのではないのか?お義母さまも見たいはずだ。俺がもし娘を持つ父親だったらどう思う?娘の彼氏が式をあげなかったとしても『いいんじゃない?金もかかるし、面倒だし、合理性ないし』と思う。

しかし、これがちゃんと式をあげる男だったら・・・

 

「娘(とその家族)思いの良い男じゃないか」と100%思う。

あ、やったほうが絶対俺の株上がるわ。てかやらないと確実に下がる。

また、式は間違いなく一生の思い出に残る。物よりも経験(記憶)になるものに金をかけたい。例えば俺の不覚で彼女から「こいつ気が利かないな~」と思われたとしても

 

「まぁ、結婚式頑張ってくれたからいっか」

ってなるかもしれない。※ただの希望的観測です

彼女の両親や兄弟、親戚、俺の両親や親戚のことを考えたら結婚式はやったほうがいい。やれば後からネチネチ言われることはなくなるし、関係悪化のリスクは確実に防げる。それにやって良かったと思うことはあっても、やらなかったら良かったとは思わないはず。やればよかったという後悔も生じない。

想定出来るリスクは全て潰しておくのは経営者として当たり前のこと。そしてあまり大きな声で言えないが

 

金は問題ない。手間の問題だけだ。

あとは経費に出来れば最高なんだけど…、何かいい方法はないのか。。

このように自分の都合を度外視すれば、結婚式はやったほうが全体最適。結婚式とは自分たちのためにやるのではなく祝福してくれる人たちのためにやるものかもしれない、という結論に至りつつある。あ、見てますか?今度この件について考えを聞かせてください。

彼女と出会ってから、非合理的なものをどんどん受け入れていく自分に驚いている。前の自分ならこんな一周回った深い考え方はできなかった。全てこちらの都合を考えてくれる彼女のおかげだ。彼女と出会ってから頭がよりキレるようになった。また、俺の行き過ぎた食事管理(BMI18.5以下、体脂肪率8%以下の維持)の影響で彼女も減量を始めたり、ホワイトニングしたりと会うたびに可愛くなっているのが嬉しい。笑

これからも何が相手のためになるかという他者視点を考えていきたい。それが例え合理性とかけ離れたバカげたものであっても、自分が受け入れるのが全体最適なら、俺はそれを受け入れる。そう思わせてくれる最高の人に出会えて本当によかった。生まれてきてくれてありがとう。

まさか非合理的なものの受け入れが全体最適だったとは…笑

終演!

彼女と出会う前の話、出会った後の話はこちら↓

恋愛の憂鬱 出会う前の記事(有料)

恋愛の憂鬱Ⅱ 出会ってからの記事(有料)

Twitterで出会い付き合った。SNSで最高の彼氏を見つけた2人の物語 作:彼女(無料)

彼女との恋愛もマネタイズするという…笑