有言実行と不言実行

前回の記事で、有料記事の有用性をあれだけ偉そうに説きながら、当の本人が全然書いていないというのは、もはやネタでしかないので先日久しぶりに有料記事を書いてみたww

せっかく書いたので一応宣伝しておくか。

無料ブログ必要派の主張は、まずは知名度UP(フォロワー数)のためにTwitterやブログを更新して、ある程度フォロワー数が増えたら有料記事を出すというもの。

反対に有料記事派の主張は、モノがよければ有料記事だけでも購読者は勝手に増えるから問題ない、読者の質を上げることにも繋がる、というもの。

では、有料記事を買ってもらうには有料記事だけを書いていればいいのか、それでスケールするのか、無料記事を書く意味はあるのか、について俺の考えをまとめてみた。

早速ご購読頂きました皆様にはこの場を借りて心より御礼申し上げます。
感想も、サポートも、本当にありがとうございました!

で、書いてみた感想だけど、

要は有料記事を書くと言ってから、書き終えるまでそれが頭に残って邪魔だったということ(笑) 実際、執筆には余裕で10時間以上かかっているw

これはとても些細なことだが、実は大事なことでもあるので今回はそれについて書こうと思う。

有言実行と不言実行

有料記事を書くことはブログやTwitterで自分が勝手に言っただけだ。
別に誰かと約束したわけでもなければ、誰かがそれを待っているわけでもない。そのまま放っておいても誰も気付くことはないだろう。

だが、言ったことを守れない人間は信用を失う。

ダイエットすると言って出来ないデブも、
禁煙すると言って口だけのクズも、
転職する!起業する!と毎年言ってる意識だけ高い系バカも、

軽々しく口にして守れなかったら笑って誤魔化す。

決して少数ではない。彼らはずっとそうやって生きてきたのだろうが、そのヘラヘラした態度と引き換えに「信用」というとても大切なものを失っていることに全く気付いていない。

俺はそういう人種を絶対に信用しない。軽んじている人は多いが、口にしたこと、約束したことを簡単に反故にする人間など評価(信用)されなくて当たり前。それがそのまま稼ぎと連動するだろう。何より致命的なのは信用を重んじる人からの信用のほうがより失われるということ。(軽口叩く者同士の信用関係は崩れないので内輪で仲良くしていればいい)

金なんかより信用を得ることの方が10000倍大事だ。信用はいつでも金に変えられるが(信用があれば金を借りられるし、極論、詐欺で切り売りも出来る)、金で直接信用は買えない。

これを理解している人ほど、自分の信用を高められることに時間を費やし、信用を失うことを何よりも避ける。金があるから信用されるわけではない。信用の集まるところに結果的に金が集まっているだけだ

信用は築くのに時間はかかるが失うのは一瞬だ。些細なことから大きなことまで、自分の言ったことを守り、それを継続していくと圧倒的に信用される人になれる。

自分で事業するのも、優良顧客との関係を構築するのも、有料記事を売るのも、全て自分に対する信用が基となる。だからまず集めるべきは信用ということ。

最後に信用を得るためのコツを伝えたい。

それは

 

 

 

 

出来ない約束をしないことだwww

 

真面目な話、普段から相手との約束はなるべく避ける。軽々しく引き受けない。安易に宣言しない。何か卑怯者のようにも聞こえるが、何事も自分への期待値は下げるに限る。

それを徹底すると約束や宣言に重みが増すので、守れることだけを約束するといい。だからといって何もしないのは最悪だが、軽々しい約束や宣言をするぐらいなら厳選すべきということ。それによって自制心も高められる。

俺が減量も禁煙も一発で成功したのは友人と約束(宣言)したからだ。約束を破れば俺は大切な友人から信用を失うし、果たせた時はさらに信用される。有言実行は出来ると信用値が上がるので、対人関係で上手く使い分けるといい。

でも、まぁ、基本は不言実行に限るよwww

他人にいちいち言わなくても黙ってコツコツやれるやつが一番強い。