やったことがないことをやってみる大切さ


先日初めて魚を捌いてみた。

初めての3枚おろしは難しく、中骨に沿って身と骨の間ギリギリに開くのが難しかった。動画で見るのとやるのでは全く違う。やり方が下手だと中骨に身が残るし、骨も綺麗に取れない。力加減がわからないと皮も綺麗に剥げない。

次の日も休みだったので再び別のスーパーへ行きサンマを買ってきて再挑戦したら今度は上手く捌くことが出来た。

最初は魚の頭を落とすのに若干の抵抗があったが4匹目には慣れた。アポ打診するのに抵抗や迷いがあったのが今は一切躊躇なく送りまくって、送ったことすら忘れている感覚に近い。

サンマばかりで飽きたので違う魚も試してみた。

https://twitter.com/kai25_8/status/1058928747686977536

こちらも上手く捌けたが、バーナーが無かったため皮目を炙れず、仕方なくフライパンで焼いたため皮がボロボロにめくれてしまった。バーナーは早速購入したので次回はこれで完璧に仕上げる。

 

魚を初めて捌いてみて思ったが、やはり新しいことに挑戦するのは良い。「魚を捌く」というたったこれだけの行為でもとても良い刺激になる。

お店のカウンター越しに板前さんや店主が魚を捌いているのをずっと見ていて、どうやって捌くんだろうと思っていたが、実際に自分がやってみることで経験できてスキルが身についた。難しそうと思っていたことが出来た瞬間だ。これ以上の感動はない。あぁ~、なるほど!こうするのか。的な謎が解けた感覚。しかも自分が経験したことでお店で店員が魚を捌いていても、ほぉ、その魚はそういう風に切るのか、という新たな視点も備わった。

俺がもし今の仕事をしていなかったら、しばらく毎日市場に行って魚を買ってきて飽きるまで捌き続けていただろう。頭がおかしいやつと思われるかもしれないがそれぐらい面白い。今後も様々な魚の即報をあげていく。徐々にデカい魚も捌いてみたい、けど捌いたところで量が多いと食いきれない・・・焼いて冷凍保存するか、とか色々考えていたらやはり俺は料理が好きなのだと実感した。十割蕎麦とかも打ってみたい。

普段、同じ日常や同じ習慣を続けているとあらゆることがルーティン化される。仕事も、趣味も、行動範囲も、交友関係も。もちろん、意志力の消耗を防ぐためにルーティン化したほうがいいこともある。重大な選択をする際に意志力が削がれていたら頭はまるで回らない。

しかし、全てがそれだとただ時間を消費するだけの人生になってしまう。これでは何も面白くない。ルーティン化や効率化とは自分の時間を捻出するためにすることで、惰性でボケーっとテレビを見て過ごす時間を作るためではない。

俺も普段の日常に変化を与えたくて日々色々と考えている。減量に取り組んだのも体型を変化(スト値向上)させるためだし、語学も日本語ではない違う言語が話せるようになるために取り組んでいる。連休があれば色々なところに一人旅するのも非日常感を味わうためだし、最近は減量しているのでやっていないが、知らない店を開拓するのもそう(メニューを知らない店に行くのは危険、ヘルシーメニューが無ければ最悪だから)。

本をたくさん読むのも自分の知らないことを知りたい、他人の思考を知りたい、という知的好奇心だし、良いと思った本は広めたい。その価値観をみんなで共有したい。そして他人の意見や感想も聞きたい。

と、このように常日頃から何か新しいことをやりたいなぁと考えているが、

正直、今は色々な魚を捌くことしか頭にない。

恋愛とかアポとか仕事とかどうでもいい。とにかく色々な魚を捌きまくりたい。現在、1匹物の魚がおいてあるスーパーを探しまくっているが、ふるさと納税で頼もうかも考えている。

抜群の切れ味の刺し身包丁やバーナーを手に入れてから、これをもっと使いこなしたくてウズウズしている。芸術的な刺し盛りが作りたい!が、なんと今、台所で水道水を出すとシンク下のパイプから水漏れするという非常事態が発生しており、直るまでキッチンが使えなくて絶望している。。洗面台で捌こうかな。

もし、一般人(業者ではなく)でも魚が買える大阪付近の市場を知っている人がいたら是非お教えください!!中央卸売市場とかは一般売はしていないみたいなので。。

新しいこと、やったことがないことをやるとそれが刺激となり脳が活性化される。知っていることと、やったことがあることでは体感がまるで違う。「魚を捌く」というこれだけの行為でもそれを身にしみて実感した。

皆様も是非何か新しいことを始めてみてはいかがでしょうか。

終演!