遅延型食物アレルギー検査(lgG)をしてみた!

QOLやスト値UPのためのまとめ第6弾!

今回はカズさん(@12_vagabond )おすすめの遅延型食物アレルギー検査(lgG)をしたので結果を報告する。

実はカズさんには昨年12月に直接お会いしたことがある。一度しかお会いしたことはないが信頼できるお方だ。

関恋工へ参加してきた。

ちなみにこのコミュニティの主幹事はサイヤさん(@ri_supersaiyan )。

 

 

 

カズさんにはお礼にマッシュルームを箱買いして送っておこう。(やめなさい)

上記ツイートのリンクを辿れば分かるが一応書いておく。

検査キットはアンプロシア株式会社というところで購入できる。

検査の種類も様々あるが、簡単に要約すると

・IgE検査 摂取すればすぐアレルギー反応が出る食物がわかる検査

・IgG検査 摂取してしばらくしてから(遅延型)アレルギー反応が出る食物がわかる検査

・IgA検査 アレルギー症状が出る食物を特定する検査。IgEで陰性だった食物でも、IgG検査で陽性の場合もあるし、両検査で陰性だったけどIgA検査をすれば陽性反応が出る場合もあるからこちらも受けとけばより確実ですよって検査。俺も説明読んだけどいまいちよくわかっていない(笑)

アレルギー反応が出ることによって起こっている可能性がある疾患は下記のとおり。

カズさんのすすめで俺もIgG検査のみにした。摂取してすぐにアレルギー反応が出る食物は食べれば分かるが、遅延型だった場合、数時間~数日かけて緩やかに反応するため特定するのが難しい。普段何気なく摂取していた食物が実はアレルギー反応を起こす原因だったなんてことは十分に有り得る。この検査を受けることで体と相性の悪い食物(108品目の中で)を知ることができる。

IgG96スタンダード・フード・パネル(日本)

費用は28,728円(税込)

海外で検査するためまぁまぁ高いが自分の体を知るための費用だと割り切るしかない。

因みにこのUSバイオテック研究所のIgG検査は高城剛さんのメルマガでもお勧めされていたが、堀江さんのメルマガのQ&Aでは「そんなのいちいち気にするほうが不健康」というなんとも堀江さんらしい理由で一蹴されていた(笑)

しかし俺は気になるから調べる!w

血液採取ってどうやんの?一人で出来るの?とか思っていたが大丈夫。

一定以上の力で押すと針が出るキット(ピンク色のもの)で指を刺すだけ。大して痛くもない。

これを言うと「お前ドMなの?」と疑われるかもしれないが、刺してる手はドSなので相殺すればSM度は0になる。つまりこの行動で俺のSM度を判定することは不可能だ。・・・ってこんな話は本当にどうでもいい。

先端に紙がついたプラスチックのシート(薄青色)に指から出る血をしみこませる。乾燥すればそれをジップロック袋に入れて郵送。あとは検査結果が送られてくるのを待つだけだ。

ちなみにサイトで会員登録をしておくと、結果が郵送されてくる前にPDFで検査結果を確認できるので登録しておいても良い。

発送から結果発表までは2~3週間ほどかかるようだ。

さて、それでは俺の検査結果を発表しよう。

え・・ちょ

 

卵~アウト!!ww

レベルⅤ(非常に高い)

※反応レベルは0(無反応)~Ⅵ(極めて高い)までの7段階

最悪だwwww

良質なたんぱく質摂取をと毎日朝晩ゆで卵を食べて 、昼にはたまに卵サラダまで食べていたが、良かれと思い食していた卵が逆に俺の体調を悪化させる原因だったのか!!ww

因みに卵や乳製品がアレルギーという体質は日本人に多いらしい。高城剛さんも卵がダメだったとか。

どうやら大好きな卵と決別するときが来たようだ。

頭のなかでショパンの名曲「別れの曲」が流れだす。

親子丼も、

卵焼きも、

マヨネーズも・・・

みんなみんな、、

大嫌いだっ!!(切り替え早いな)

ということで家に帰って早速冷蔵庫にストックしていたゆで卵(8個)をディスポーザーへぶち込む。

※食べ物を粗末に扱うタイプではありません。

賞味期限が切れたものでも全く気にせず食べますが今回はどうかお許しを。

卵のことは好きだったけど、

黄身は俺のことが嫌いみたいやね。

もう俺たち、ここで終わりにしよう。。


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

(ディスポーザーの音w)

好物だったが悔いはない。

好物の価格が上がったり、それがアレルギー対象物なのであればそれは俺にとって好物の終わりを意味する。自分に都合のいい食材(体質に合う、安価)を好物にするのが合理的だと思うからだ。そればかり頻繁に食っていればその内好きになるもんだと思ってる。(頭大丈夫か?w)

好きと言われたらそいつのことが気になりだし、いざ好きになったら、向こうにその気はなくなってしまってる系のあれだよ。思うに遅延型食物アレルギーってそんなもんじゃないかな。

 

知らんけど。

さて、他にはないか続きを見てみよう。


おや?


もやし!!w

レベルⅡ(低い)!

こいつもやや俺に拒絶反応を示しているな。


このメス豚がっ!!

(※もやしですw)

まぁこいつを食する習慣はないのでこれも何の問題もない。

あとレベルⅠ(非常に低い)に該当しているのが

タケノコ、マスタード、バニラ、しょうが、牛乳、ホエイ、アーモンド、さとうきび、全粒小麦など。

ん?全粒小麦ってなんだ?小麦粉と同じと考えて良いのだろうか?

だとすればこの中で食する習慣があるのは、しょうが、牛乳、ホエイ、アーモンド、全粒小麦だ。

レベルⅠは非常に低い反応だからそこまで気にしなくても良いだろう。てかあまり気にしすぎるのも良くない。とは言いつつもホエイプロテイン以外はなるべく摂取しないようにしよーっと。(めっちゃ気にしてるw)

さて、この検査を受けるにあたって、個人的に一番気がかりなことがあったので最後にその食物をチェックしてみよう。

マッシュルームOK!!

カズさん!!

マッシュルームが出て来た際はこのkaiが即りますのでお任せを!! www

ということで今回はIgG検査についてまとめてみました。

いや~、やって良かった。あんだけ積極的に食していた卵がまさか遅延型アレルギーだったとは・・・。

またこちらのIgG検査、食生活を変えることで結果も変わるそうなので、定期的に(数年に1回くらい)受けて比べてみるのもいいかもしれない。

卵抜きの生活はこれから始めますので、体調の変化などありましたら追記しまーす!

カズさんどうもありがとうございました!!