アプリとクラウドを利用した意思疎通方法

IMG_20190809_183040
LINEで送る
[`yahoo` not found]

遠距離と言えるほどの距離ではないが、彼女の家まで行くには在来線と新幹線を乗り換えて片道1.5時間程度かかる。会おうと思えばすぐに会えるが、さすがに平日の仕事終わりにサクッと会おうと思う距離ではない。

移動コスト(時間と金)も考慮すれば会うときは日帰りではなく一泊~二泊はしたほうがコスパがいい。となると週末の休みにお互いの予定が合うタイミングは限られるため、この度彼女と会うのが一ヶ月ぶりとなった。

今回は会わない期間に意思疎通していた方法を紹介する。我々をただの惚気けカップルと同じと思わないで頂きたい。常に合理的思考に基いた無駄のない行動を心掛けている。同居もしなければ会う頻度も多くて2週に1度だが、普段どのように意思疎通しているかを紹介します。

・LINE

LINEは連絡ツールのメインだがやりとりは基本1日1回を厳守している。もっと頻繁にやりとりするカップルも多いと思うが、1日に何度もラリーをするのは面倒だし、効率が悪い。同居していて話題が日常生活に関することなら話は別だが、別居の場合にレスの速さを要するやりとりなどほとんどない。

この場合、1日1回、数個の話題をまとめて返信したほうが効率がいい。彼女も本業があって、副業もあって、人付き合いもあって忙しいし、俺もジムや買い物、読書、メルマガ、ブログやTwitterで忙しい。これはお互いの生活に支障をきたさない気遣いで彼女も同じ価値観。

それに毎日何度もやりとりする話題もない。 今年の2月に彼女と初めてやりとりを始めてからずっと毎日1通ペースのやりとりを続けている。

午前中に俺が返して、夜に彼女がそれに対して返信の繰り返し。午前中に送る理由は夜は酔っ払って酔文を返してしまうことが多いから。ツイートも21時以降は酔文になるため極力控えている(酔ってポエミーなツイートをして翌朝猛烈に消したくなることは多々あるが…)。話題は近状報告や考え方、予定の打ち合わせ、将来やりたいビジネスの意見交換など。

また、ペースが乱れた時は意見交換を早めたいのだとお互いに察する。例えば彼女の返信は夜だが、俺が午前中に送って、昼間に返ってきたらその日に返したりと臨機応変に変えている。

・Time Tree

他人と予定を共有するアプリ。堀江貴文さんのメルマガで知ってから使用。共通のカレンダーにお互いの予定やイベントを書き込んで情報共有している。アプリを起動して相手を招待すれば共有のスケジュール表が作れる。

○日、シンくんと飲み

○日、彼女の父の誕生日

○日、接待

○日、出張

○日、生理予定日 etc.

予定を共有すれば相手のスケジュールが把握出来るし、予定の空いてる日がわかれば○日はどう?とピンポイントで日程を提案できて無駄なやりとりが減らせる。

相手の予定を知っていれば『このスケジュールなら翌日は疲れているだろう』とか『生理日だから相手の体調に気をつけなければ』などの気遣いもできる。

因みに現在(8月上旬)の時点で11月までのスケジュールは決めていて、飲食店や、宿、レンタカー、飛行機、結婚式場見学の予約等は済ませた。予約が早いと割引で得することも多い。11月までの予定は大体決まったのでこれから12月、年末年始のスケジュールを調整する。

・Googleスプレットシート

クラウド上で共有出来るエクセルシート。シートのURLを送ることでそのURLを知っている人同士が同じシートを共有したり編集出来る。これが非常に便利でとても重宝している。

彼女と共有しているシートは下記の通り

・結婚式に向けた意見交換

・婚前契約の意見交換

・旅行のタイムスケジュール×旅行ごとに

・式場見学スケジュール

会って話さなくてもエクセル上で意見交換が出来るのはめちゃくちゃ効率がいい。相手が書いた赤字の文字は既読したら黒字にして、自分が新たに書く文字は赤字にする。未読→赤字、既読→黒字は2者間だからこそ有効な手法。または文字色を俺=青、彼女=赤に固定してもいい。

結婚式の意見交換シートでは見学してみたい式場や前撮りスタジオの意見交換、見学日程の調整、予約の分担、式の予定日から逆算してどの段階でどこまで済ませておかなければいけないか(式場の選定、スタジオ前撮り時期等)の全体スケジュールの確認。

婚前契約では契約に盛り込む内容や夫婦共有の財布から支出するもの(養育費、光熱費等)と個人で支出するもの(服、美容代)の線引の意見交換。

旅行のシートはタイムスケジュールだけでなく、観光したいスポット、参考URL、それに対する意見、所要時間、予約の分担などを書き込んでいる。口頭で確認し合うより計画を表にして可視化したほうがスケジュールの解像度が上がる。

元々はLINEのノート機能を使っていたが、あれだと片方しか編集出来ないので途中からGoogleスプレットシートに切り替えた。始めはタイムスケジュールのメモ程度に使おうと思っていたが「参考URL」「移動時間」「住所」など彼女が横軸を工夫してくれたおかげでより実務的なものになった。

・GoogleDriveのフォルダ共有

こちらもGoogleスプレットシート同様、URLを知っている人同士でフォルダを共有できる。共有しているのは画像だ。旅行に行った時の写真や遊びに行ったときの写真を日程ごとにフォルダで分けてお互いにアップしている。

先日の篠島記事もフォルダで共有した彼女の撮った写真が使えて助かった。

篠島、日間賀島、佐久島観光レポートh

今後の旅行レポートの際も有効活用したい。

旅行のスケジュールを一緒に考えれば相手の頭がどれだけ回るかがよくわかる。移動方法、移動時間、所要時間、飛行機や船やロープウェイの時刻、そこから逆算した移動の段取り、宿選び、飲食店選び、観光地選びと無駄のない巡回経路、予約の分担、ナビに入れる住所や電話番号のメモ、混む時間帯、イベント情報、etc.

彼女と俺は価値観は似ているが性格や思考回路は異なるので、俺に無い視点を補完してもらったり、彼女に欠けている視点を俺が補完したりと上手く協力しあえていると思う。また、相手の苦手な食べ物が俺の好物だったり、その逆も然りで何かと噛み合っている。

 

以上、アプリやクラウドサービスを利用した意思疎通方法でした。

どんなツールも使い方次第。LINEだけでこれだけ複数のスケジュールを管理することなんて出来ないし、会わずともシート上のやりとりだけでここまで意思疎通が出来ることに驚いた。今後もクラウドサービスを上手く使いこなしていきたい。

終演!

LINEで送る
[`yahoo` not found]